読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ポケモンSMシングル】構築名:「エデン」(S3最高&最終レート:2015)

 

f:id:nafeha-tamiu:20170516152606p:plain

 

シーズン2からはメタグロス軸を使っていて、今シーズンはサクッと2000に乗せてやろうと思ってましたが、思いのほか苦戦して、2000に乗ったのは最終日の日付が変わるくらいの時間になってしまいました。

この間に色んなポケモンを育てて使ったのは楽しかったです。

 

f:id:nafeha-tamiu:20170516142704p:plain

 

今回拘ったのがグロス&ヒトム&レヒレの並びで、この並びで2000に行くまではずっと使い続けるつもりでした。シーズン2は水樹奈々さんのツアーや卒論でポケモンをする時間が取れず、シーズン3も全然勝てなくて心が折れそうでしたが、なんとか及第点のレートに乗せることが出来て良かったです。

 

グロス&ヒトム&レヒレは前シーズンから合わせてかなり使い込みましたが、他のポケモンはかなり入れ替えながら使っていました。

 

個別紹介

f:id:nafeha-tamiu:20170516031355p:plain

サザンドラ/浮遊@こだわりスカーフ

せっかち/167-131(44)-99-177(252)-110-159(212)

悪の波動/火炎放射/岩雪崩/とんぼ返り

 

A:無振りメガリザYを岩雪崩で確定1発

C:ぶっぱ

S:余り

 

メインウエポンの悪の波動は確定で、残りの技はかなりピンポイントになりました。火炎放射はカミツルギ(とナットレイ)意識、岩雪崩はウルガモス(とリザY)意識で、どちらもこいつを出さないと相当厳しいので苦肉の策みたいな感じでパーティに入ってきました。後半に催眠ゲンガーが増加し、催眠を避けるか当てられるかみたいなゲームになるのが嫌だったので、一応その対策ということになってます(裏に引かれるので結局択ゲーで辛い)。

こいつを入れてからカミツルギウルガモスに出会わなくなった気がしますし、グロスを通しやすい選出をよくされるようになったので、パーティのお守りみたいな感じになっていました。

 

f:id:nafeha-tamiu:20170516033956p:plain

メタグロス/クリアボディ→硬い爪メタグロスナイト

陽気/167(92)-185(156)-171(4)-×-131(4)-178(252)※メガ時

アイアンヘッド/思念の頭突き/冷凍パンチ/地震アームハンマー

 

H:6n-1

A:同調整のメガメタグロスに対して地震が超高乱数2発

B:陽気ガブリアス地震+鮫肌ダメージを確定耐え

D:補正無しゲッコウガの命の珠悪の波動を確定耐え

S:最速

 

最近流行ってるのは雷パンチ持ちが多いみたいですが、コケコがいないなら思念の方が強いと思ってます(使ったことないので使用感分からん)。たまに外しますが、怯ませて運勝ちしたり、テテフのフィールドにただ乗りして後投げされるポリ2を飛ばしたり、ブルルドヒドイデを分からせたりして気持ちよくなれました。地震の枠はアムハンに変えることもありましたが、カミツルギにすら乱数で耐えられるくらいには微妙な火力なくせに命中不安だしSは下がるしで微妙すぎました。バレットは欲しい場面ももちろんありましたが、アイヘ+バレットは範囲が狭すぎて自分には無理でした。

数値受けを基本的に突破できないので、そこを埋め合わせるように構築を組むのが難しかったです。もともと受け構築を崩すのが苦手だったので、自分にあった構築ではなかったのかなと思いました。

シーズン終盤までSを準速マンダ抜きまで落としていましたが、地震ならミラー意識、アムハンならツルギ意識で最速にした方が多分強いです。

 

f:id:nafeha-tamiu:20170516083159p:plain

カプ・レヒレ/ミストメイカー@オボンのみ

図太い/174(228)-×-165(116)-117(12)-166(124)-109(28)

波乗り/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

 

H:16n-2

B:11n、殻を破ったパルシェンのロックブラストをオボン込みで7割以上の確率で2耐え(体感だと印で怯む以外は後出しからでも負けなかった気がする)

C:無振りメガルカリオが95%くらいの確率でムンフォ2発で落ちる

D:DL調整(B<D)

S: 4振りロトム抜き抜き

 

SMで自分が一番信頼を置いているポケモンです。シーズン1とほとんど同じですが、バシャーモに対して波乗りが打ちたくなる場面が多かったので塩水を波乗りに変え、最終日直前でHPを自然の怒り1回でオボンが発動する偶数かつ定数ダメージ意識の174にしてSを1伸ばしました。このあたりは趣味の領域な気がしますが、何百戦もしてれば1回くらいは勝ちが拾えると信じます。

S2からはORASのときから苦手意識があったメガバナが解禁され、ゲンガーもかなり増えたのが辛かったですが、他のポケモンでは勝てないメガギャラに強く、数値受けを崩す駒にもなれたのでかなり信頼できるポケモンでした。

 

f:id:nafeha-tamiu:20170516141028p:plain

ヒートロトム/浮遊@とつげきチョッキ

控えめ/157(252)-×-130(20)-165(196)-132(36)-107(4)

放電/オーバーヒート/目覚めるパワー(氷)/ボルトチェンジ

 

H:ぶっぱ

C:11n

BとDは何かの乱数を動かしたような気がしますが忘れました。

 

おそらく選出率No.1で、この構築のMVPともいえるポケモンでした。今季はコケコがかなり流行っていて、自分のパーティにはよく出てきたので、コケコ入りにはできる限り出すようにしていました。コケコはマジカルシャイン、めざ氷、草結びのせいで地面枠の後投げが安定しないので、基本的にこいつを投げてました(カバ入りなのでよくドヤ草結びを打たれた)。

それ以外だと初手のゲッコウガを処理したり、ジャローダへの後出しがわりと安定したり、砂パのドリュウズには勝てたりと、かゆい所に手が届く感じが使ってて楽しかったです。困ったら放電で麻痺させれば勝てます(適当)。

 

 

f:id:nafeha-tamiu:20170516141309p:plain

ポリゴンZ/適応力@ノーマルZ

臆病/175(116)-×-91(4)-174(148)-96(4)-154(236)

破壊光線/10万ボルト/悪の波動/悪巧み

 

H:16n-1

C:H252メガバナをZ破壊光線で確定1発

S:11n、準速100族抜き

 

数値受けを崩す駒として採用しました。メタグロスが苦手なギルガルドやヤドラン、エアームドあたりに強かったので、選出した試合ではそれなりに活躍してくれました。純正受けループにはレヒレとこいつでほぼ勝てましたが、高速アタッカーを添えるタイプの受け構築はきつかったです。

技構成としてはこれで完成しているかなという気がします。冷凍ビームが打ちたい場面は1度もありませんでした。

 

f:id:nafeha-tamiu:20170516143039p:plain

カバルドン/砂起こし@ゴツゴツメット

腕白/215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67

地震/毒々/吹き飛ばし/怠ける

 

HBぶっぱ

 

迷走に迷走を重ねた地面枠。ステロがほしかったですが、ステロ持ちの物理受け個体をなぜか持ってなかったのであきらめました。見返してみると技構成が意味不明すぎて逆に面白いですねこれ()。

一応、メインウエポンの地震、耐久ポケモンに当てる毒々、バトン対策と起点回避のための吹き飛ばし、物理受けとしての性能を上げるための怠けるという感じで技構成を決めました。

 

基本選出はグロス&ヒトム&レヒレのつもりでしたが、あまりその選出ができず、6体から刺さってるポケモンを3体選んでいました。メガ1Z1の構築なので、柔軟に動けたんじゃないかなと思います。

構築名はチーム名に収まる水樹奈々さんの楽曲を適当に選んだだけなので全く意味はありません。

 

2100に乗せるため、今度はもっと余裕を持って2000には乗れるようにしたいです。火曜日の朝が研究室のミーティングなのがクソでした。

 

 

【ポケモンSMシングル】構築名:「はつ恋」(最高レート:2082,最終レート:2008)

普段は水樹奈々さんのオタクをしているえるです。

ポケモン関係のフォロワーさんはほとんどいないので、読む人がいるかは知りませんが、せっかくレート2000まで到達できたので記念に構築記事を残しておきます。

完全に自己満足で書いた記事なので、構築も説明も穴だらけだと思います><

f:id:nafeha-tamiu:20170116021202j:plain

シーズン序盤は色々試していて、200戦終わった時点で1500くらいでしたが、ウインディとレヒレを入れてからレートが伸び始め、1800くらいからミミッキュを入れたところ、2000までスムーズに上げることができました。

ウインディの枠にコータス、レヒレの枠にミロカロスが入っていた時は本当に勝てなかったです。

 

個別解説

f:id:nafeha-tamiu:20161227224250p:plain

ギャラドス/威嚇→型破り@ギャラドスナイト

陽気/181(84)-177(252)-99-×-120-135(172)(メガ前)

滝登り/地震/挑発/竜の舞

 

H:余り

A:全振り

S:1舞で最速130族抜き抜き

 

対戦で使えるポケモンの中では一番好きなので、いわゆる嫁ポケポジション()

環境にポリ2が多く、基本的にギャラはポリ2に勝てないので選出率は一番低かったと思います。後半はレヒレも増えて辛かった…。

性格は1舞で最速のコケコやゲンガーが抜くことを重要視して陽気にしました。このパーティはコケコもゲンガーもよく出てくるので、最低限このSラインは必要だと思っています。最速にせず耐久に回したことが功を奏して勝つことも多かったです。

当初は氷の牙を入れた3ウエポンで使っていましたが、オニゴーリや受けループなどに挑発を入れたい場面が多く、氷の牙は実際のところあまり打たなかったので変えてみたところ、良い働きをしてくれました。上手いこと使うと削れたポリ2くらいには勝てたりするので、選出の幅も広がったと思います。

 

f:id:nafeha-tamiu:20161227231353p:plain

カプ・レヒレ/ミストメイカー@オボンのみ

図太い/175(236)-85-165(116)-117(12)-166(124)-108(20)

塩水/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

 

H:16n-1

B:破ったパルシェンのロックブラストをオボン込み2耐え

C:余り

D:DL調整(B<D)

S:最速ガラガラ抜き(同族意識

 

基本的な役割はポリ2、ギャラドスパルシェンサザンドラあたりを後出しから処理することでした。特にシーズン1はギャラドスとポリ2が多かったので、後投げで処理できるのは安心感がありました。

ポリ2には自然の怒りから入り、半分削れたところで挑発を入れることで処理していました。レヒレ自身はダウンロード対策をしていますが、DLでCを上げられて10万連打されると勝てないことがあるのはきつかったです。

それなりに高レートに上がるとHPをしっかり奇数にしている(偶数ならオボンか残飯を持っている)ことが多かったですが、塩水じゃなくて波乗りならという場面もあまりなかったので、ステロを撒くことを考えると塩水で良かったと思います。オボンがないと役割対処に仕事ができないので、個人的には持ち物は一択でした。

 

※調整は、ニコニコ動画で動画を上げているかばやきさんが2000チャレンジした時のお相手さんをTwitterで見つけ、上げていた調整をそのまま使わせていただきました(ネトストかな?)。問題があったら削除いたします。

f:id:nafeha-tamiu:20161227225406g:plain

マンムー/ゆきがくれゴツゴツメット

意地っ張り/201(124)-182(124)-132(252)-×-81(4)-101(4)

地震/氷の礫/ステルスロック/吠える

 

※調整は以下のブログを参考とさせていただきました。許可はとっていないので、問題があったら消させていただきます。

www.evervolition.com

 

電気の一貫を切りつつステロが使えるポケモンが欲しかったので、必然的にパーティに入ってきました。厚い脂肪なしでも十分強かったです。

最初は陽気のASぶっぱで使っていましたが、今のマンムーはSに努力値を割く必要がないと思って上記の構築記事を参考にBに厚く努力値を振り、ガルーラが重いことに気付いて最終的にゴツメを持ちました。参考にした記事と同じ調整を使っていながら持ち物が違うという適当さなので、もっと適切な調整があったかもしれませんが、良い感じで働いてくれたと思います。

特性はもともと鈍感で使っていましたが、ポリ2に鈍感をトレースされるとレヒレで崩すことが出来ずに詰んでしまうということが発覚し、このパーティならゆきがくれの方が良いという結論に至りました。一応キュウコン入りに対して役に立った場面もあり、逆に鈍感だったら良かったという場面は一度もなかったので、特性の選択はこれで正解のはずです。

 

f:id:nafeha-tamiu:20161227234329p:plain

ジバコイル/頑丈@こだわりメガネ

控えめ/171(204)-×-135-200(252)-110-87(52)

10万ボルト/ラスターカノン/目覚めるパワー(氷)/ボルトチェンジ

 

H:余り

C:全振り

S:4振りハッサム抜き

 

今期は600戦ほど潜りましたが、そのうち550戦はパーティに入っていたくらいには信頼できるポケモンでした。終盤はテテフへの後出しが安定しなかったので辛かった。

めざパは今時珍しい氷で、初手でマンダに打って無理やり倒したりしてましたが、地面の方が強い気がします。どっちにしてもほとんど打たないと思うので大差ないとは思いますが…。

これだけ試合をしててもボルチェンを全く使いこなせていなかったので、僕のプレイングは本当に下手くそでした。多分10回も打ってないと思う()

f:id:nafeha-tamiu:20161227235853p:plain

ミミッキュ/化けの皮@フェアリーZ

意地っ張り/159(228)-148(196)-111(84)-×-125-116

じゃれつく/影打ち/鬼火/剣の舞

 

H:16n-1

A:剣舞じゃれつく→ラブリースターインパクトでHBポリ2を確定

B:余り

 

僕の自慢のミミッキュ。Hが低いので耐久がないと思われがちですが、BもDも割と高いのでHに振ると思いのほか硬く、鬼火や剣の舞を絡めて器用な動きができたので、思いのほかやれるポケモンでした。

シーズン終盤でフェアリーZミミッキュが一気に増えましたが、自分と同じHAベースで鬼火を搭載したアタッカーのミミッキュはいなかったんじゃないかなと思います。

 

ポリ2とギャラドスを筆頭に、鋼以外のトップメタには強かったので、選出率もかなり高めでした。努力値調整はポリ2を意識しつつ雑に振ったので、もっといい調整があるはずです。

 

f:id:nafeha-tamiu:20161228001426p:plain

ウインディ/威嚇@とつげきチョッキ

控えめ/175(76)-117-100-167(252)-123(180)-115

燃え尽きる/火炎放射/目覚めるパワー(氷)/神速

 

H:16n-1

C:全振り

D:余り(臆病カプ・テテフのフィールド下サイコキネシスを高乱数で2耐え)

 

もともとチョッキコータスを使っていましたが、どうにも色々と足りなかったので、代わりに入れてみたところ思いのほか強かったのでそのまま使い続けました。D方面は申し分ない耐久で、デンジュモクの蛍火10万を耐えた時はさすがに叫びましたね…。

ガブリアスボーマンダには威嚇があれば地震を耐えてめざ氷+神速で倒すことができ、後出しで出てきても燃え尽きるを打てていれば地震で抜群を取られないという強さがありましたが、ボーマンダには意地捨て身で飛ばされたり、Dに振ったガブリアスに神速込みで耐えられたりしたので、裏に引ける状況なら素直に引いた方が良いと思います。

 -------

最高レートは2082で、1900に乗ってから落ちることがほぼなかったので、安定しているパーティでした。最終レートは2008です。

2100チャレンジでミストフィールドが貼ってあるのに鬼火を打つというあり得ないプレイングをしてしまったのが心残りですが、ORAS後期でレートを始め、2000にようやく到達できたのは素直に嬉しかったです。

1月から水樹奈々さんのツアーが始まり、卒論も控えているため、シーズン2は遅れてのスタートになりそうですが、今度こそ2100に到達できるよう頑張りたいです。

 

構築名は水樹奈々さんのアルバム曲から頂きました、ツアーもやっているので興味があれば。

ちなみに次のシーズンで使う構築名は「エデン」です。

www.youtube.com